タミフル飲んで酒飲まず

インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症です。
インフルエンザの病期は1週間程度です。
約1~3日程度の潜伏期間の後発症し、38度以上の高熱や頭痛、関節の痛み、全身倦怠感などの全身症状が現れます。
また、のどの痛みや咳、鼻水などの呼吸器症状や、下痢、嘔吐などの消化器症状なども伴う場合もあります。
インフルエンザが疑われる場合は、病院の迅速キットによって、鼻腔や咽頭の拭い液から判定できます。
最近では、A型やB型を区別できる迅速キットが使用されています。
結果が陽性である場合は、インフルエンザと診断されます。
インフルエンザの治療薬としては、抗ウイルス剤であるタミフルなどが使用されています。
タミフルは、ウイルスが持つノイラミダーゼという酵素を阻害する働きがあり、ウイルスの増殖を防ぐことができます。
インフルエンザの症状を悪化するのを抑え、症状が出ている期間を短縮する効果を得られます。
ただし、発症から48時間以内の服用でなければ、効果が低くなるといわれているため、早めの服用が必要となります。
また、タミフルは、A型やB型には効果がありますが、C型には効果がありません。
一般的な使用方法としては、大人の場合、1日2回、1回1錠を3~5日間服用します。
タミフル 飲酒を同時に摂取した場合の影響としては、副作用が強く出る可能性があるため、基本的にはやめた方がいいです。
また、発熱している場合、飲酒による利尿作用によって、脱水症状を招く危険性もあります。
タミフルの副作用としては、下痢、嘔吐、腹痛など様々あります。
特に子どもが服用した場合の異常行動が問題視されています。
このことがあるため、現在では小児科領域おいてタミフルは使用されていません。

↓参考サイト
インフルエンザ 治療