インフルエンザの治し方は感染を防げるタミフルを服用

インフルエンザにかかった場合は、速やかに病院に行くことが大切です。自分で判断をして、市販の風邪薬等に頼っていても、症状が長引くことにつながり、なかなか完治しません。また、他の人達に感染をすることも多くあります。したがって、インフルエンザの症状が疑われる場合は、まず医師の診断を受けることが治し方の点で大切なこととなります。
成人や体重がある程度ある小児の場合は、多くの医師から治療薬であるタミフルを処方されます。タミフルは、A型、B型の両方のインフルエンザに有効です。タミフルを飲み始めると、下痢や腹痛を起こすこともありますが、しばらくするとおさまります。インフルエンザの治し方として、感染を防ぎ、症状を抑える治療薬であるタミフルを服用することが一般的です。1日2回、4から5日間服用することで、多くは症状が落ち着いてきます。
インフルエンザの感染を抑えるためには、さらに、患者がマスクをすることも必要なことです。周囲がマスクをしても、患者の咳や鼻水が周囲に飛び散るようでは、心配です。したがって、患者にはマスクをつけてもらいます。
インフルエンザは、湿度に弱いので、部屋の中は加湿器等で、適切な湿度を保つことも必要なことです。乾燥した環境では、感染をしやすくなります。また、患者ののどの痛み等も治りにくくなりますので、室内環境に気を配ることも、インフルエンザの治し方として、覚えておくことが必要です。
さらには、お茶をよく飲むことや、お茶でうがいをすることなども覚えておきます。緑茶、紅茶、ウーロン茶などに含まれるカテキンは感染を防ぐ効力がありますので、こういったお茶をとりいれることも治し方として効果的です。