新型行動計画とタミフルの備蓄と医療従事者や小児

平成21年に発生した新型インフルエンザを踏まえ、政府は新型行動計画の見直しを行い改定し、抗インフルエンザウイルス薬のタミフルの備蓄などを進めています。インフルエンザは鳥などの間で伝染や発生したウイルスがヒトに感染し、ヒトからヒトに感染を繰り返していく内に、病原性や感染力の強い新型インフルエンザとなる危険性が高いです。そのため一度発生すると全国に急速に蔓延し、国民の健康や生命、経済、生活に大きな影響が出る危険があります。新型行動計画では政府が中心となり都道府県や市町村と協力して、医療機関や薬剤会社などと効率良く連携できるように準備を進めています。また都道府県や市町村レベルで、政府の新型行動計画に沿って様々な取り組みを行っています。政府の新型行動計画では予防接種の優先接種順位が決められていて、基礎疾患を持っている人や妊婦などの医学的ハイリスク者が最優先となり、次に小児、成人や若年者、高齢者の順になっています。タミフルの備蓄目標量は、タミフルの使用期限が7年から10年に伸びた事によって現在はほぼ目標量の準備が出来ています。タミフルの備蓄も政府や都道府県、製薬会社、医療機関などが協力し合っています。新型インフルエンザでも、通常の抗インフルエンザウイルス薬のタミフルなどが、ある程度効果はあると考えらていますが、世界レベルで新型インフルエンザ向けの薬の開発も進められています。現段階では日本の将来を担う大切な小児を守るため、毎年必ず予防接種を受け、少しでも対策しておく事が大切です。また新型インフルエンザであってもくしゃみや唾液などの飛沫感染が原因となりますので、小児の頃からうがいや手洗い、マスクの使用などを習慣付ける事が重要です。