飲酒により薬効が促進される薬

服用した薬は、肝臓である程度効き目が弱められます。
というよりも、肝臓で弱められることがわかっているため、薬はある程度強い作用が出るように作られているのです。

そしてアルコールもまた、摂取した後に肝臓で処理されます。
したがって、飲酒後に薬を服用すると、既にアルコールの処理で肝臓が使われている分、薬の処理がしっかりおこなわれなくなります。
すると、薬の効き目は弱められません。
つまり普段よりも強く作用するようになるのです。
もちろん副作用も強く出ることになります。

全ての薬がそうというわけではありません。
飲酒によって特に薬効が促進される薬には、睡眠薬や抗うつ薬、抗凝血薬などがあります。
飲酒すると眠くなったり気分が高揚したりするので、睡眠薬を飲むことでより深く眠れるようになりますし、抗うつ薬を飲めばより気分が上向きになるのです。
そして抗凝血薬は血を固まりにくくさせる薬ですが、飲酒によって血行が良くなると、より薬効が高められます。

ただし、だからといって一緒に飲むことが推奨されているわけではありません。
薬効が高くなりすぎてかえって健康の害となることもありますし、先述のように副作用も強く出る可能性があります。
そのため薬は基本的に、アルコールと一緒に摂取しない方が良いとされています