タミフルで治るインフルエンザにはない初期の喉の痛み

タミフルの登場によって日本ではインフルエンザの基本となる治療方針が定まりました。感染してから48時間以内にタミフルの服用を開始すればインフルエンザを早く治すことができるという事実が明らかとなったからです。そのため、インフルエンザかなと考えたら医療機関を受診してタミフルを処方してもらい、服用することによって、重症化を避けて快方へ向かうことができるようになってきています。インフルエンザの感染経路は飛沫感染がほとんどとされています。つまり、呼気を通じて体内にインフルエンザウイルスが入ってくるのが典型的な感染経路となっているというのが特徴です。そのため、イメージとして喉の痛みを伴うのではないかと考えてしまいがちですが、通常はそういったことはありません。高熱や身体の痛み、だるさといった症状がまず現れてくるのがインフルエンザの特徴であり、せきや鼻水、喉の痛みなどが症状として現れやすい風邪とは様相が異なるのです。風邪も感染経路は飛沫感染が一般的ですが、ウイルスの主類が違うために全身症状として現れるものも違っています。その違いを理解して正しい対応をとることが大切となるという点は留意しておくべきでしょう。タミフルにおいて脳症が問題視されているように、風邪であるのにタミフルを飲んでしまってリスクを抱えるのは望ましいことではありません。逆に、インフルエンザなのに風邪だと思って解熱剤や風邪薬を飲んでしまうと、特に小児の場合にはインフルエンザ脳症のリスクを高めてしまう可能性もあります。初期症状に十分に敏感になっておくことがこの判別に必要であり、インフルエンザと風邪の初期症状についての理解を深めておくことが大切なのです。